FC2ブログ

ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
アナサジ Anasazi
         anasazi face 1

はじめまして、日本の皆さん。
私は「アナサジ」と申します。連れ合いと共に出て参りました。
カチーナの世界に何で私たちが登場したか不思議に思われるかも知れませんが、実は、私たち、ホピ族の祖先なのです。

私たち「アナサジ」は、紀元前200年頃、北米大陸南西部、現在のアリゾナ州、ニュー・メキシコ州、コロラド州、ユタ州の高原地帯に住んでいた先住民族でした。そして、現在のプエブロ文化は、私たちの文化から発展したものなのです。又、私たちは、これらの地域に沢山の住居を作りましたが、訳あって12世紀から13世紀にかけて他の土地へ移動しました。私たちが昔捨てた住居は、現在なお、夥しい遺跡となって残っています。カチン・マナスの二人も、2年前に私たちの遺跡のいくつか見にやってきて、私たちのことを知ってくれたのです。

因みに、「アナサジ」とは、ナバホ語で「古代の人々」を意味し、ホピ族だけでなく、ナバホ族や他のプエブロ・インディアンの共通の祖先と見做されています。

           anasazi.jpg

さて人形の私たちですが、「スピリット・ドール」と呼ばれ、「アナサジ」のスピリットを表したもの。厚手の布(中に詰め物が入っています)でできていて、アクリル絵の具で星のシンボルや渦巻き模様が描かれています。大きい方は私で、身長約33cm、連れ合いは約19cm。
黒い顔に、白いプラスティックの小さな口が付いています。なお、目は敢えて描かれていません。古代の神秘とモダンな感覚が融合されたとっても素晴らしい出来栄えです!
作ってくれたのは現代作家のビバリー・ヘンダーソンさんです。彼のサインが背中に書かれています。

            anasazi back

日本の皆さん、どうぞ私たちをお見知りおきくださいませ。

           anasaji face 2

参考:アナサジの遺跡が12世紀から13世紀にかけて一斉に放棄されたのは、天候の異常や大旱魃、また異部族の侵入などが原因と考えられています。

個人蔵


お知らせ
カチーナドールの専門店「ココペリ」さんによる「ホピ族のカチナドール展」が以下の通りに開催されます      
      
            kachina doll show for blog

日時:10月15日(金)12:00~18:30
   10月16日(土)11:00~18:30
   10月17日(日)11:00~17:00
会場:H.A.C.GALLERY
東京都港区南青山2-11-15 セピア絵画館B1F
   銀座線外苑前駅から徒歩5分 銀座線・半蔵門線・大江戸線青山一丁目駅から徒歩5分
詳細は、ココペリさんのサイトで。



Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008-2010. All rights reserved.
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
聖なるクモ女の息子ポカングホヤ PÖ-ÖKANG-HOYA (Little War God)
             Palongao-Hoya 2

ハーイ!はじめまして。
ボクの名は「ポカングホヤ」。ボクはカチーナではありません。自分で言うのも何ですが、カチーナより格が高い神さまなのです。驚いたでしょう。
実は、ボクのおっかさんは、有名な「クモ女」(ホピ語では「コクヤングティ」、英語では「スパイダー・ウーマン」なのです。「クモ女」とは、ホピの神話において、地球を作った副創造神であり、彼女は双子の息子を生み出しました。その兄の方がボクであり、弟は「パロンガオホヤ」と言います。

             Palonagao-Hoya 3

ボクたち双子の兄弟は、地球に生命が芽生えてきたとき、この世界に秩序を保たせることが役割だと、おっかさんに言われ、一生懸命お役を務めました。そして、最終的には、ボクは北極へ、弟は南極へ送られ、地球を秩序正しく回転させることを言い付かりました。とても重労働の骨の折れる役目です。それで、時折、気分転換に少年の姿になってホピへ行き、人々と交わり、悪ふざけなんかもしちゃいます。でも、遊んでいるだけではなく、ホピの人々が困った時とか、邪悪なものに攻撃された時など、ボクのおっかさんの知恵を示し、邪悪な敵を撃退する方法を教え、人々を助け、守ります。そのせいか、ホピの人々は、ボクのことを親しみを込めて「小さな戦いの神」と呼んでいます。

Palongao-Hoya 4Palongao Hoya 1

ボクが姿を現す時は、黒い顔、両頬に戦士であることを表す2本の白い縦線を描き、頭には雄雄しい羽根飾りのついた戦闘用のキャップを被ります。目と口の周りも白く塗り、又、胸や腕にも白い線を描きます。そして普通、手に矢筒と弓を持って現れます。
下のイラストは、ボクと弟のパカンガオホヤのそうした姿を、20世紀初頭のホピのアーティストが描いたものです。

               Palongao Hoya illustration
           "HOPI KATCINAS" by Jesse Walter Fewkes より

人形のボクを作ったのは、ネイト・ロマテワナさん。彼は、とても洗練された伝統的スタイルのカチーナを作る人気カーバーです。ボクの生まれの良さと少年らしさを示すほっそりした形の良いボディ・スタイルとハイセンスな色使いに注目してください。モノクロ・トーンにエメラルド・グリーンのモカシンと腕輪がすごくお洒落でしょ。一見、頼りない遊び人風ですが、「クモ女」の息子としての自覚と誇りを持ち、ボクは地球の秩序を乱すものと闘っています。今、縁あって、カチン・マナスTOKYOのS.W.姉さん(ボクのおっかさんと同じイニシャルだ!)のところに居候しております。大晦日の今晩、S.W.姉さんと一緒に除夜の鐘を聞いてから、近所の神社へ参拝に連れてってもらうことになってます。日本の神さまたちと会うのは初めてなので、ちょっと緊張していますが、話が合いそうでとても楽しみです。
皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください!
そして来年2月の展示会でお会いしましょう。

             Palongao-Hoya 5

身長は頭部の羽根飾りまで含めて約34cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。
非常に洗練されていてグラフィックでクール。それと同時に飛び出した目とワラのねじり鉢巻が何ともユーモラスで愛らしさ満点!「小粋」という言葉がぴったりの素晴らしい作品です。

価格: SOLD


皆様どうぞ良いお年をお迎えください。
2009年もよろしくお願いいたします。

カチン・マナスTOKYO
渡辺純子


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008. All rights reserved.
             
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
地上と下界をしきるホピの神様 「マサウ」 Masau'u (Earth God)
      masauu new 1
   
私は、「マサウ」。地上と下界の両方をコントロールする神です。私は、他のカチーナのようにサンフランシスコ・ピークスに住んでいるのではないので、1年中いつでもホピの村々へ行くことができ、人びとを導きます。特に、7月のニーマン儀式が済んだ後が私の出番です。

      Masauu.jpg

イラストは"HOPI KATCHINAS" by Jesse Walter Fewkesより

儀式では、私に扮するホピの男性は、大きな丸い目と口、カラフルな小さな丸が沢山描かれた白いマスクを被り、頭の上には祈りのための羽根を沢山くっつけた何本もの小枝を乗せ、ウサギの皮で作られた毛布をまとい、キルトにサッシュを締め、赤いモカシンを履き、手にユッカの葉のムチを持って登場します。
        masauu new 2

        masauu new 3

人形の私を作ったのは、ネイト・ロマテワマさん。若手の注目カーバーです。カチン・マナスTOKYOが初めてホピにやって来た時、一番最初に心を奪われたのが、この私。彼女は私のエキセントリックでショッキングな姿に度肝を抜かれたそう。

身長は、頭の上の羽根飾りを含めて約57cm(羽根飾りだけで約17cm)。コットンウッドにアクリル絵の具で彩色。ホピにとって最も重要な神格「マサウ」を表したカチーナ人形です。常軌を逸した現代アートのような顔は、一度見たら忘れられない迫力を持ち、どこか着物を想わすグラフィックな衣装とのコンビネーションが実にユニーク!非常に神秘的なカチーナ人形です。

価格: 雪 SOLD
★詳細は「ご案内」の「価格について」をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas Tokyo 2007. All Rights Reserved.             
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。