FC2ブログ

ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
クワン・ヘヘイヤ Kuwan Heheya (Colored Heheya)
             Kuwan Heheya 3

ヘーイ!おいらの名前は「クワン・ヘヘイヤ」でやんす。モロヘイヤではないよ。
ヘヘイヤ」、つまり、かの有名な人食い鬼女カチーナ「ソヨコ」さまのお供の、変形バージョンでござる。「クワン」ってのは、ホピ語で「色」ってこと。おいら「クワン・ヘヘイヤ」とは、色のついたヘヘイヤってことよ。ヘヘイヤに比べて、どこに色がついてるかって?それは、おいらにも良く分かんない。でも、そんなの関係ねぇ、つぅの。
大事なことは、おいらの役目が「ソヨコ」さまの従者ではなく、7月のニーマンの儀式において、時折、主役のヘミス・カチーナに代わって登場し、ラインダンスを踊るってことよ。「ヘヘイヤ・タハウム」と呼ばれる叔父さんカチーナとつるんで現れ、儀式を盛り上げるんだ。
そんなおいらには、普通のヘヘイヤの特質である、「道化」とか「繁殖させる力」といった側面も持ってるんだぜ。

             Kuwan Heheya 2

おいらを含めて「ヘヘイヤ」と名のつくカチーナの共通の特徴は、楕円形の斜めに歪んだ口とTの字で表された鼻。おいらの顔を見て、日本のキャラが立ち過ぎるとかいう政治家を思い出したりしないでくれよ。まぁ、おいらのキャラも相当なもんだけど。
この他、普通のヘヘイヤの顔の特徴はジグザグの模様が描かれていることだけど、おいらにはジグザグ模様はなく、両方のほっぺに雲のシンボルが描かれている。そして、ボディ・ペイントは赤。その上に、ベイマツのひだ衿をつけて、キルトにサッシュ、そしてグリーンのモカシンを履くんだ。手には、ダンスのリズムをとるラトルを持つ。

              Kuwan Heheya 4
               Kuwan Heheya 5

おいらを作ったのは、コーデル・ナセヨーマさん。今、結構乗ってる注目のカーバーで、最近、アリゾナで開かれたアート&カルチャー・フェスティバルのトラディショナル・スタイルのカチーナ人形部門に、おいらを出品し、見事、2等賞を獲得したんだ。オリンピックでいえば、銀メダルだぜ!!おいらの自慢さ。

              Kuwan Heheya 1

多分、おいらは、ナセヨーマさんが作ったカチーナ人形で初めて日本へ上陸したカチーナだと思う。2等賞の名に恥じないカチーナであるよう、おいら、パワー全開で頑張るから、日本の皆さん、ヨロシク!

身長は、頭の羽根飾りの先まで入れて約24cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。草木染のような味わいのある落ち着いた色調が特徴。羽根の遣いかたが絶妙で、特に、1本、天に向かってピンと立った淡いグリーンの羽根がとても効果的。また、頭部にびっしりつけられた小さくてカラフルな羽根は、やんちゃ坊主の髪のような雰囲気を醸し出しており、小型作品であるが、非常にパワーを感じさせる。個性的な顔は、見るものに何かを語りかけてくるようで、とにかく見飽きない。一生の友として側に置いておきたくなる素晴らしいカチーナ人形だ。

価格: 虹
詳細は、ご案内の「価格について」をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008. All rights reserved.

スポンサーサイト
コーデル・ナセヨーマ・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。