ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
カチーナ人形カタログ2014
     catalog 2014 2-3
 
       
カチーナ人形セール・カタログ2014を発行いたしました。
新着のカチーナ人形を数多く含む、魅力溢れる作品41点をご紹介しています。
因みに表紙を飾っているのは、「シャラコ・マナ」(雲を表徴した娘のカチーナ)です。
彼女については、カチン・マナスLAのサイトをご覧ください。

カタログをご希望の方は、カチン・マナスTOKYO の渡辺まで、下記メールアドレスへご連絡を。
皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

sumikowatanabe@lime.ocn.ne.jp

Copyright (C) Katsin'Manas TOKYO 2014. All rights reserved.
ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
BSフジの番組「小山薫堂東京会議」にカチーナ人形が話題に登場
kachina 1

明日、10月12日(土)24時から放映されるBSフジの番組「小山薫堂の東京会議」にカチーナ人形の話題があがっております。チャンスがありましたら、ぜひ、ご覧になってください。

トップの画像は、私どもカチン・マナスの強力な協力者でLA在住の有名写真家・吉田太郎氏によるもの。
Photo (c) Taro Yoshida

Copyright (c) Katsin' Manas TOKYO. Allrights reserved.

ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
紅樹時雨(あかぎしぐれ)のヒトノレプリカ
       akagishigure 1

カチーナ人形の展覧会に、いつも足を運んでくださる一人のアーティストがいます。
彼の名は、紅樹時雨(あかぎしぐれ)さん。人形を素材にして作品展開、作家活動をされている方です。
トップの写真は彼の代表作のひとつ、「プロトタイプ九七式」と題された衝撃的な作品(2006年制作 Photo (C) Akagi Shigure)。
私が初めて紅樹さんの作品を見たのは、今から数年前のことでした。極めて高い造形力と科学技術を以って作られた近未来的な美しいアンドロイドたち。銀河の彼方から降ってくる電流のようなオーラが感じられ、以来ずっと注目してきました。
その彼の作品の全貌が見られるサイト「ヒトノレプリカ」が、この度オープン。当ブログでご紹介させて頂くとともに、いつでも訪問できるよう、「リンク」に加えました。

カチーナとは直接関係ありませんが、驚きに満ちた人形科学の創造世界が楽しめます。
ぜひ、ご覧になってください。上記の「ヒトノレプリカ」の文字をクリックするとサイトへ飛びます。


akagishigure 2
Cartier カルティエ アートマガジンに掲載された紅樹時雨の紹介記事 2008年
Fantasy 特集で、日本の注目すべきアーティストの一人として大きく取り上げられています。


なお、紅樹時雨さんも作品を出品しているチーム・コヤーラ主催の「創作人形公募展」が、9月11日(火)~9月16日(日)まで、東京・渋谷のNHKふれあいホールギャラリーで開催されます。
東京都渋谷区神南2-2-1 TEL 03-3481-5614


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2012. All rights reserved.

ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ホピ・カチーナ人形サマーセール・カタログ
        Kachina catalog 1


7月に入り、梅雨が明ければ、いよいよ夏本番です。

ホピでは、7月になると早生トウモロコシが収穫され、偉大なカチーナの儀式「ニーマン」が執り行われます。それは、半年間、ホピの人々と共にいたカチーナたちが、彼らの故郷である聖なる山、サンフランシスコ・ピークスへ帰還するためのお祭りであり、ヘミス・カチーナたちの「ニーマン・ダンス」(又は「ホーム・ダンス」とも呼ばれます)によって頂点に達します。

さて、この「ニーマン」の儀式に敬意を表しつつ、より多くの人々にカチーナ人形に親しんでいただき、その魅力を知ってもらえればと願い、1年ぶりに「ホピ・カチーナ人形サマーセール・カタログ」を作成いたしました。
今回は、17点の新着カチーナ人形に加え、珍しいナバホの精霊やアートワーク、そして、これまでの在庫作品、合わせて34点をご紹介しています。
どの作品も素朴で純粋、そして豊かな芸術性を備え、超自然的存在・精霊のスピリットを感じさせます。

カタログは24頁。そのうち22頁はカラーです。
ご希望の方には、1部500円でお分けいたします。
ご連絡は、

katsin-manas-tokyo@swjapan.net


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2012. All rights reserved.
ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
カチーナ人形在庫カタログのご案内
catalog page 1 catalog page 2

いよいよ桜の季節になりました。
私の家の近くでは、目黒川沿いや北沢緑道に桜の名所があり、これからとても楽しみです。
皆様のところは如何でしょうか?

さて、前回のお知らせでもご案内しましたが、カチーナ人形の在庫カタログを作成しました。
48体のカチーナ人形が紹介されています。ご参考まで、写真の各頁をご覧にいれました。

トップの写真頁1(左)には、伝統的スタイルのカチーナ・カーバーの第一人者として知られるクラーク・テナコングヴァの作品。
頁2(右)には、やはり伝統的スタイルのカチーナ・カーバーの実力者、フィルバート・ホナニーの作品。

catalog page 3 catalog page 4

頁3(左)と頁4(右)には、芸術性では類を見ない伝統的スタイルのカチーナ・カーバー、マニュエル・シャヴァリアJr.の作品。

catalog page 5 catalog page 6

頁5(左)と頁6(右)の上部には、やはりマニュエル・シャヴァリアJr.の作品
頁6の下部には、若手優秀カーバーのウェイランド・ナミンガの作品。

catalog page 7 catalog page 8

頁7(左)には、ネイト・ロマテワマやエドワード・シーチャマその他注目のカーバーたちの作品。
頁8(右)には、大御所ヴェルソン・マンスフィールド他の作品と、下部にはアンティーク・カチーナ

カタログをご希望の方には、1部500円でお分けします。
お問合せは、カチン・マナスTOKYO 渡辺まで

Email: katsin-manas-tokyo@swjapan.net

Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008-2010. All rights reserved.

ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ホピ・カチーナ人形展 in Kyoto
     DM card kyoto

ホピ族の精霊ーカチーナ人形を京都で初めて公開。
八坂神社のすぐ側にあるお蔵のギャラリーにおいて、現代ホピのトップ・アーティストたちによる伝統スタイルのカチーナ人形約50点の展示・販売、並びに、そのルーツである1930年代~1950年代のアンティーク・カチーナの特別展示をいたします。

■期間:2009年6月8日(月)~14日(日)
     12:00~20:00(最終日17:00)
■会場:京都ギャラリー悠玄
     京都市東山区下河原町489番2
     しぇりークラブ2F
     Tel & Fax 075-525-2201 (しぇりークラブ)
     八坂神社南門から徒歩1分 石塀小路入ってすぐ右の蔵2F

       kyoto map

日本において、カチーナ人形の展覧会は、関西地区では、2004年10月~12月まで伊丹市立美術館で「アンテスとカチーナ人形展」(現代ドイツの巨匠とホピの精霊たち)が開催されました。ご記憶の方も多いことでしょう。非常に素晴らしい展覧会でした。

このたびの「ホピ・カチーナ人形展 in Kyoto」は、美術館で開催するような大掛かりものではありませんが、小規模ながらも内容は濃く、見ごたえのあるものとなっています。
そして何と言っても、京都で初めてのカチーナ人形展です。
ぜひご来場くださり、素朴で愛らしく、神秘的、そして豊かな芸術性をそなえた彼らの魅力をお楽しみください。そして、彼らの背景にある自然と調和して大地と共に生きる「平和の民」ホピのスピリットを感じてくだされば幸いです。

カチン・マナスの二人(LAの市川実英子とTOKYOの渡辺純子)は、会期中、毎日在廊の予定です。
会場で、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008-2009. All rights reserved.



ご案内 | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
初春のごあいさつ
     DSC_0063.jpg


初春のお慶びを申し上げます。

昨年12月に当ブログを立ち上げて以来、多くの皆様から温かい言葉をかけていただき、又、リンクを張らせてくださるなど、私たち「カチン・マナス」を応援していただきました。
応援してくださった皆様、本当に有難うございます。この場を借りて、お礼申し上げます。

ブログという非常に限られた情報発信手段ですが、私たちは、カチーナ人形の魅力を紹介すると共に、その背景にあるホピの人びとの自然と調和した生き方や、彼らの素晴らしい文化と世界観などを学びながら、それらを日本で広めて行けたらと願っています。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

なお、現在、私たちは、3月17日(月)~23日(日)まで銀座のギャラリー悠玄でカチーナ人形の展示会を開こうと準備にあけくれています。また、この展覧会の期間中には、スペシャル・イベントとして、インディアンフルート奏者 マーク アキクサさんのライブ演奏と朗読もございます。展示会とスペシャル・イベントに関する詳細は、2月に入ってから、あらためてご案内させていただきますが、今から、ご予定に入れてくだされば幸いです。

さて、トップの写真のカチーナ人形たちですが、向かって左から、カチン・マナ(長女)、カチン・マナ(次女)、タワ(ご存知、太陽のカチーナ)、スーシパ(コオロギのカチーナ)、ハハイ・ウッティ(全てのカチーナのマザー)、カチン・マナ(末娘)の面々です。カチン・マナスLAが住んでいる地域にあるサウスウエスト・ミュージアムのペトログリフの前で、記念撮影したもの。全員、3月の展示会には、東京へやって来ます。どうぞ彼らに会えるのを、今から楽しみにしていてください。

ところで、日本に上陸したカチーナ人形たちは、今、私の住まいで暮らしていますが、夜、私が床に就くと、ガサガサ音がするのです。まるで自由に動き出し、窓辺へ行って、夜空の星たちと交信しているかのよう。そんな彼らから、毎日パワーをもらっています。

カチン・マナスTOKYO 渡辺純子

Photo (C) Katsin' Manas LA 2008
Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008. All Rights Reserved.
ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
カチーナ人形の価格について
カチン・マナスがご紹介するカチーナ人形は、2~3の例外を除き、全て、米国アリゾナ州のホピの居留地まで行き、直接、カーバーのところから選んだ非常に質の高いものばかりです。
また、サイズにもよりますが、優れた作品は、普通、フルタイムのカーバーですら、1ヶ月に1~2体しか作れません。それ程、手間のかかる仕事なのです。こうしたことからも、本当に芸術性の高いカチーナ人形の価格が、決して安くないことが理解していただけると思います。

そして、それらを日本から現地へ直接買い付けに行くにも大変なコストがかかり、国内で皆様にお売りするカチーナ人形の価格は、当然、現地のショップやギャラリーで売られているものに比べ、かなり割高になります。
しかし、その分、どの作品も1体1体、充分吟味し、高いエネルギーを持ち物ばかり。皆様に大きな喜びを与えると自信を持っております。

なお、販売価格ですが、精霊を表すカチーナ人形に対して、世俗的な値段を表示するのは抵抗があり、カチーナへの敬意を込めて、価格の高い順に、「プレアデス」、「太陽」、「月」、「虹」、「雪」、そして「北斗七星」と設定いたしました。

目安は、
●「プレアデス」が、251,000円以上
●「太陽」が、201,000円~250,000円
●「月」が、151,000円~200,000円
●「虹」が、101,000円~150,000円
●「雪」が、51,000円~100,000円
●「北斗七星」が、50,000円以下

といたします。

各作品の正確な価格と送料については、ご希望の作品をお問合せくださった時に、ご案内させていただきます。お気軽にご連絡ください。

お問合せ先
katsin-manas-tokyo@swjapan.net
又は
info@swjapan.net


★上記どちらかのアドレスを、皆様のメールソフトへ入力され、メールを送信してください。
★コメント蘭、secretにチェックを入れ(管理人しか見られません)、送信してくださっても構いません。

Copyright (C) Katsin' Manas Tokyo 2007. All Rights Reserved.


ご案内 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink