ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
渋めの「シオ・ヘミス」 Sio Hemis (Zuni Hemis)
 sio hemis by howato 1

日本の皆さん、こんにちは。
私は「シオ・ヘミス」。本来、7月に登場する花形カチーナですが、今回、多忙を極めていたため、すっかり出遅れてしまいました。今や、秋の気配を感じされるこの頃ですね(苦笑)。
しかし、すでに何回か私の仲間たちが、このブログに登場しているので、「シオ・ヘミス」や「ヘミス」の名をご存じの方もおられるでしょう。そうした日本に上陸した「ヘミス」や「シオ・ヘミス」の中でも私は最も古びた渋めの体裁をしており、もはや「アンティーク」なんて呼ばれることもしばしば。その分、貫禄と存在感は若い者には負けません!

さて、専門的なことをお話しますと、そもそも、「ヘミス」カチーナというのは、その由来は、ニュー・メキシコのプエブロの一部族として知られる「ヘメス Hemez」から来たものと、研究者の先生方から言われております。
「ヘミス」カチーナの役目は、ホピの人々の為にトウモロコシが豊作になるのを助けること。そして、毎年7月に行われる「ニーマン」と呼ばれるカチーナたちがホピの村々から故郷である山「サンフランシスコ・ピークス」へ帰還する儀式において、姿を現す主役的なダンサーなのです。そして、「シオ・ヘミス」というのは、ズニから来た「ヘミス」という意味であり、その役割は「ヘミス」と変わりません。

sio hemis by howato 2 sio hemis by howato 3

私の特徴は、頭の上に「タブリータ」と呼ばれる大きくて平らな飾り板をつけていること。そのてっぺんの縁の部分は三つの半円形になっており、それらは雨雲を表しています。そして、タブリータの上部の左右に描かれているのは、発芽したスカッシュの種。、中央の半円形は虹のシンボルです。そして、その下方左右には向日葵を象徴した図が描かれています。
又、私の顔の部分は、左右半分ずつ異なった色(向かって右側は緑色の中に赤、そして左側は赤の中に緑色)に塗られているのも伝統的な特徴です。

「ニーマン」の儀式において、「ヘミス」や「シオ・ヘミス」のカチーナたちのダンスは、儀式に神々しさと厳粛な雰囲気をもたらし、観衆を圧倒します。このように私たちは、ホピの最も重要な儀式である「ニーマン」の花形スターなのです。

さて、人形の私を作ってくれたのは、伝統的オールド・スタイルのカチーナ人形カーバーとして、又、画家として活躍された故ウォルター・ホワトさん(1921年~2003年)。20世紀カチーナ人形カーバーの巨匠として知られ、古びた趣のある作風が特徴です。作品はアートとして高い評価を得ており、既にアリゾナ州のハード・ミュージアムに多数所蔵されているほどです。その彼が神業のような技法を駆使して、私を生み出してくれました。

身長41cm。コットンウッドにミクスト・メディアで彩色。一部の隙もないような圧倒的な造形力。神秘性に溢れ、又、日本の「寂び」の美学にも通じるような大変魅力的な作品であり、既に「アンティーク」の風格も具えています。
ウォルター・ホワト作 1980年代
価格:お問い合わせください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2014. All rights reserved.
スポンサーサイト
ウォルター・ホワト・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
二本の角を持つ神のカチーナ「アロサカ」 ALOSAKA (The Two-Horned God)
     alosaka 1

日本の皆さん、はじめまして。
私は「アロサカ」と申します。
「アロサカ」とは、ホピ語で「二本の角を持つ神」という意味があり、私は、人間や動物、そして植物の子孫繁栄を担う神として、ホピの人々から崇められています。
私の住処は地下です。普段は、そこで静かに暮らしていますが、毎年11月に行われる「ウウチム祭」と呼ばれる儀式の時には、地上に出て、人々の前に姿を現します。
私は、ご覧のように、どこか浮世離れした雰囲気を醸し出しているせいか、ホピの人々から近寄りがたいと言われていますが、本来、とても優しくて親切なのです。

       alosaka 2

私の特徴は、その名の通り、頭に二本の角をつけていることです。それと、額の上の半円形の模様。これは、虹を表しており、神が旅をする跡だと信じられています。つまり、私が、サンフランシスコ・ピークス(カチーナが住んでいると信じられている聖なる山)から、ホピの「アワトビ」という村にいる、一人の乙女に会いに行く為の旅の跡だという、そんな伝説もあるようです。

alosaka 4 alosaka 3

さて、人形の私を作ったのは、伝説的カーバーとして知られる故ウォルター・ホワト Walter Howato (1921年~2003年)さん。彼は、伝統的オールド・スタイルのカチーナ人形カーバーとして活躍。20世紀のカチーナ人形カーバーの巨匠として認められているお方です。古びた趣のある作風が特徴で、アートとして高い評価を得ており、多くの作品がアリゾナ州のハード・ミュージアムに所蔵されています。又、画家としても有名で、ウォルト・ディズニーの為に仕事をしたこともあるそうです。

         alosaka 5
     Photo (C) HOPI KATSINA 1,600 Artist Biographies

このホワト大先生が魂を込めて作ってくれたのが、私です。
日本の皆さん、私の深い味わいをじっくり堪能してください。

身長43cm。コットンウッドに自然顔料その他で彩色。素晴らしい造形性に加え、絶妙なエイジングの技法により、古びた趣のある作品に仕上がっています。グレーをベースにしたボディに、淡いアクアブルーの二本の角、淡い萌木色と淡いオレンジ色の額の上の虹、そして、淡い萌木色の左腕、対して淡いアクアブルーの右腕といった、溜息の出るような美しいカラーハーモニーも見どころです。ウォルター・ホワトの入魂の名作。1980年代。

価格:お問い合わせください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2013. All rights reserved.
ウォルター・ホワト・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。