FC2ブログ

ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
シオ・ヘミス Sio Hemis (Zuni Hemis)
              DSC_1239.jpg


私は「シオ・ヘミス」といいます。
私の前に登場したヘミス・カチーナと同様の役割を担っていますが、元々はズニ族のカチーナであり、19世紀にホピへやって来ました。

私は、ヘミス・カチーナと同じような高さのある大きなタブリータ(頭部につける平らな飾り板)をもち、そのてっぺんの縁の部分は3つの半円形になっていて、それらは雨雲を表します。また、タブリータの上の方の左右に描かれている白い図形は発芽しているスカッシュの種、その下の方の黄色い円盤状の図形は、ヒマワリを象徴しています。又、中央に描かれている鳥の周りのカーブは、虹のシンボルです。

             DSC_1237 small


私の顔の部分は、左右半分ずつ異なった色に塗られ、それぞれに目と発芽しているゴアード(ヒョウタンの一種)が表されています。
タブリータの図柄において、ヘミス・カチーナと私の大きな違いは、そこに「男根」の象徴が描かれていないことです。その理由は、私には分かりませんが、何はともあれ、この点に私の独自性があるといわれています。

                  sion hemis

イラストは、HOPI KATCHINAS by Jesse Walter Fewkes より

そして、ベイマツのひだ衿に、キルト、女もののサッシュベルト、キツネの皮をつけ、赤いモカシンを履いて、身支度は完了。ボディ・ペイントは、ヘミス・カチーナと同じく、ブラックです。
手には、ラットルとベイマツの枝を持ち、レギュラー・ダンスに登場します。

私を作ってくれたのは、クラーク・テナコングヴァさんです。

             DSC_1242.jpg


身長約50cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。シックな色合いに魅了されます。厳かでありながら、独特の可愛らしさがたまらない魅力。非常に芸術性の高いカチーナ人形の逸品です。

価格:虹 SOLD
詳細は、ご案内の「価格について」をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008. All rights reserved.



スポンサーサイト
クラーク・テナコングヴァ・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ヘミス・カチーナ Hemis Kachina (Jemez or Ripened Corn Kachina)
           Hemis 3

このところ展示会のニュースが続き、私たちカチーナの出番がなかなか回ってきませんでした。久しぶりに登場する最初のカチーナとして少々緊張しております。

私の名は、「ヘミス」と言います。この名の由来は、ニュー・メキシコのプエブロの一部族として知られる「ヘメス Jemez」から来たものと、研究者の方々から言われております。
私の役目は、ホピの人々にコーン(トウモロコシ)が豊作になるのを助けること。私は、カチーナたちが、半年間の滞在を終えて、ホピの村々から故郷であるサンフランシスコ・ピークスへ帰還する7月のニーマン儀式の「ホームダンス」に最もよく姿を現します。

                Hemis 4
イラストは、HOPI KACHINAS by Jesse Walter Fewkes より

儀式で私を演ずるホピの男たちは、顔の右半分をグリーン(そこには、発芽するスカッシュを象徴する図柄が描かれています)、左半分をピンク又は白く(そこには、雨雲を表す小さなシンボルが描かれています)塗ったマスクを頭から被り、タブリータと呼ばれる巨大な平らな飾り板を頭につけます。タブリータの一番高いところには2本のイーグルの羽根を飾り、左右の壇にも、それぞれシチメンチョウの羽根と長い草を飾り、また、タブリータ全体はグリーンに塗られ、発芽するコーン(男根とも解釈される)と雨雲のシンボルが描かれています。そうそう、ボディは、コーンのススで黒く塗り、お腹の上には、ペアの三日月型の図柄を描くことも決められています。そしてベイマツのひだ衿を付け、キルトに女物のサッシュ、キツネの皮をつけ、赤いモカシンを履きます。右手にダンスの時リズムをとるラットル、左手にはベイマツを持ち、二人のハノ・クラウン(道化)又はマナたちを伴って、厳かに登場するのであります。

巨大なタブリータを頭につけた私たちのダンスは、儀式に神々しさと厳粛な雰囲気、そして美しい精神性をもたらし、観衆を完全に圧倒します。そう、私たち「ヘミス・カチーナ」は、ニーマンのスターなのです。

             Hemis 1
厳かで美しい正面スタイル。顔の左半分は、ピンク又は白ではなく、イエローに塗られていて、それは光を表しているかのような効果を与えています。             
             Hemis 2
後ろ姿のディテールの見事さにもご注目ください。

人形の私を作ってくれたのは、クラーク・テナコングヴァさん。彼は、私と双子の弟を作るのに数ヶ月もかかり、先日の展示会に間に合わないのではと、カチン・マナたちをハラハラさせたようです。因みに、私の双子の弟は、LAのカチン・マナのところにおります。私たち兄弟は本当に良く似ていて、微かな違いしかありません。私の方が、やや顔幅が広く、マッチョな感じ、一方、弟の方はどちらかといえば、優男といったイメージでしょうかな?
先日の展示会では、会場の真正面の一番目立つところに飾られ、初めての体験に、胸は高鳴り、大興奮でした。大勢の日本の皆さんから温かい眼差しで注目していただき、とても嬉しかったです。

身長は約63cmという超大型作品。荘厳さ、美しさ、精神性、を感じさせる大傑作!自然顔料で彩色された色合いの美しさもため息ものです!!!!日本の家にも良く合い、床の間や玄関などに置かれると非常に効果的です。

価格: プレアデス
詳細は、ご案内の「価格について」をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008. All rights reserved.
クラーク・テナコングヴァ・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ホピ・カチーナ人形展 にぎやかに閉幕
                 DSC_0042 for blog
写真は、朝日新聞にも掲載され、大いに活躍してくれた「パタング」カチーナ。

3月17日(月)~23日(日)まで、銀座の「ギャラリー悠玄」で開催した「ホピ・カチーナ人形展」は、23日(日)夜、にぎやかに閉幕しました。
お忙しい中、会場へお越しくださいました皆様に心よりお礼を申し上げます。

会期中の会場は、カチーナ(精霊)たちが楽しそうに踊り、おしゃべりしているように感じられ、とても気持ちの良いエネルギーが満ちていました。
連日、多くの人々が会場へ来てくださいました。
昨年、ホピで偶然出会った考古学者の卵で大学院生のSさん、ホピとズニのジュエリー・アーティストを日本へ招聘し、ショーを開催するなどネイティブ・アメリカンと日本の友好のために活動をしている大学院生のIさん(彼の活動は、ホピの人々に評価され、ホピの新聞に大きく取り上げられました)、日本におけるカチーナ人形研究の草分け的存在「ココペリ」さん、そしてカチーナ人形を愛する皆様、又、当展を通してカチーナ人形を初めて知ってくださった皆様、ホピ族やネイティブ・アメリカンの文化に関心を持つ皆様、そしてアートを愛する皆様、本当に沢山の方々とカチーナ人形を通して素晴らしい出会いが起こり、友情の輪が広がりました。全てを導いてくれたカチーナ(精霊)の力に深く感謝!皆様、カチーナさん、本当に有難うございました。

                 DSC_0036 bis
写真向かって左がカチン・マナスLAの市川実英子、右がカチン・マナスTOKYOの渡辺純子

又、お蔭様で、展示したカチーナ人形の多くが、それぞれ所有者となられた方々と運命的な出会いによって結ばれ、新しい住処へ迎えられました。彼らは、持ち主の今後の人生に随伴し、持ち主の夢や願いを天の神様へ伝えることと思います。そして、きっと、日本の湿気をホピの土地へ運ぶ働きもすることでしょう。

展示会の準備から実現、そして終了までの約1年間、それは様々な意味で予想以上にハードなものでしたが、皆様との出会いと喜んでいただけたことが励みとなり、元気をもらいました。そしてこれからも、素晴らしいカチーナ人形をご案内して行きたいと思っています。どうぞ楽しみにしていてください。
又、カチーナ人形にご興味を持ってくださった皆様が、自然と調和し大地(地球)と共に生きるホピのスピリットにも関心を向けてくださることを願います。

なお、展示したカチーナ人形の作品目録を作成しました。1部580円(送料共)です。ご希望の方は、下記宛てに、580円分の切手を、お名前とご住所を書かれたメモと共にお送りください。

〒154-0005東京都世田谷区三宿1-28-4 SW JAPAN内 カチン・マナス

★★★★★★★★★
先日も書きましたが、チベットの状況が大変です。ホピ族が受けてきた弾圧を思い起こします。
このチベットの件で、日本政府に対してオンラインで署名とメッセージが送れるサイトがオープンしたことを友人から知らされました。
2006年に、ダライラマ法王(と、デズモンド・ツツ大司教、ベティ・ウィリアムズ女史)を宮島へ招いた広島平和国際会議(ここをクリックしてください)が主催するサイトです。私も早速署名しました。
このブログをご覧になられた方で、この件に関心があり、趣旨に賛同されましたら、どうぞ署名ください。なお、署名してから反映されるまで、少々タイムラグがありますので、すぐに反映されないといって心配されることはありません。

関西テレ「ぶったま」You Tube に天台宗書写山圓教寺のお坊さんの命をかけた声明が紹介されました。
こちらもぜひご覧になってください。

どうぞよろしくお願いいたします。

地球の未来を思いつつ・・・・・・・。

カチン・マナスTOKYO
渡辺 純子

Copyright (C) Katsin'Manas TOKYO 2008. All rights reserved,
イベント&ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。