FC2ブログ

ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
ヴィンテージのココペリ KOKOPELLI (Assassin Fly Kachina)
          kokopelli 1950 1

残暑お見舞い申し上げます。

日本の皆さん、こんにちは。ボクは「ココペリ」。ムシヒキアブのカチーナ(精霊)です。
「ココペリの身体的特徴は、背中のコブと目立つような男性器にあり、以前にもボクの仲間が、ここに登場しているので、既にご存知かと思いますが、ボクたちは、性的豊穣さのシンボルであり、ホピの女の人たちが多産に恵まれるよう祈願し、又、作物の成長を促し、豊作をもたらすことを祈る役目を担っています。

          kokopelli 1950 2

ホピの儀式において、ボクたち「ココペリ」は、ミクスト・カチーナ・ダンスに登場します。
ココペリに扮する男たちは、真ん中に白い線が描かれた黒いマスクを頭から被り、コーンの殻から作られた白黒の縞模様に塗られた長いクチバシをつけ、ボディも黒く塗り、キツネの皮又はボロ布でできたひだ衿を首に巻き、レギンスをはいて、手には小枝とラットルを持ちます。そして、ダンスの間、村の若い娘たちに淫らなジェスチャーをし、子供の作り方を教えたりしますが、これは役目であり、決してセクハラなんて非難されることはありません。日本のオジサン方、どうか羨ましがらないでください。

     kokopelli 1950 4kokopelli 1950 5

カチーナ人形であるボクを作ってくれたのは、1950年代のホピのカーバーです。つまり、ボクは、ヴィンテージのカチーナ。怪しい黒尽くめに、胴長短足、まるで日本の昔の忍者のよう、なんて東京のカチン・マナに言われておりますが、ボクのセクシーな魅力で、日本の娘さんたちのハートをわしづかみにすることも夢ではないと思ってます。それにボク背中のコブの中には、女の子が喜びそうな沢山のプレゼントが入っているのですから・・・。

          kokopelli 1950 3
ココペリの中では、比較的小さめな背中のコブ。プレゼントの量が少ないのでは????

身長約18cm。コットンウッドにテンペラ絵の具と自然顔料で彩色。いわゆる伝統的スタイルとは一味違い、どちらかというと、より人間に近いリアルでなまめかしい体型が特徴。そして、日本人の男性によく見かける胴の長さと、太くて短い足が、妙にセクシー!又、どこか宇宙人っぽく、謎めいています。非常に悩ましくて、愛らしいヴィンテージ・カチーナの掘出物。

◎なお、ホピのココペリ・カチーナは、その身体的な特徴から、アメリカ合衆国南西部に広く分布するロックアート(岩絵)や土器などに描かれている背中にコブのある笛吹きのモチーフと同一視されることが多いですが、単純に結びつけることには疑問があるようです。

価格: 虹
詳細は、「ご案内」の「価格について」をご参照ください。

Copyright (c) Katsin' Manas TOKYO 2008-2009. All rights reserved.
             
スポンサーサイト
アンティーク・カチーナ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。