FC2ブログ

ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
石を食べるカチーナ OWANGA-ZROZRO (The Mad or Stone-Eater Kachina)
        stone eater 3

桜の季節にホピから日本へやってきました。
サクラ、サクラ、おお!なんとキレイなことか!美しさに酔い痴れています。

花見酒で酔っぱらっているのかって?いえ、滅相もない。
実は、私、「石を食べるカチーナ」とか「気が狂ったカチーナ」と呼ばれているものでして、昨年、私の大先輩が来日していますが、私のこの顔はフラストレーションで石や岩をやけ食いしたからなのです。皆さんも、ストレスやフラストレーションがたまった時、ヤケ酒とかやけ食いをするでしょう?私の場合は、その究極の姿として、石や岩をガリガリ食べてやったのです。

        stone eater 2

うっ、うっ、美味しいはずなんてありません。狂気の沙汰ですよね。
しかし、これは私の役目。私は、精神的不調と関係する神とつながっているカチーナであり、人々に精神の病について教える役目を担っています。それで、表面的には、私は悪い性格の存在として、弱いものいじめや、気が狂ったような行為をわざとしてみせなくてはならないのです。でも、こうした振る舞いは、全て反面教師としての役割上のもの。
非常にカチーナらしいカチーナと言われています。

          stone eater 4
           stone eater 5

私を作ってくれたのは、伝統的スタイルのカチーナ・カーバーの大御所のひとり、フィルバート・ホナニーさん。彼は、カチーナを彫るために生まれてきたような人であり、とりわけ、「石を食べる気が狂ったカチーナ」は彼のお気に入りのテーマ。すごいパワーをもって、入念に私を作り上げてくれました。

身長約21cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。鳥の羽根、モヘア、毛糸使用。
全体の淡い色調は実に美しく、白いモヘアの髪と髭のデリケートな表現は絶妙です。また、頭の中央に飾られた淡い黄色の羽根が素晴らしいカラーアクセントとなっています。
ソフトな色合いと狂気が合体し、不思議な愛らしさを感じさせるフィルバート・カチーナの名作です。

価格:お問い合わせください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2012. All rights reserved.

スポンサーサイト
フィルバート・ホナニー・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。