ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
クモ女の息子たち PÖ-ÖKANG-HOYA & PALÖ-NGAO-HOYA, Warrior Twin
pookang 3

ハーイ!日本の皆さん、はじめまして。
ボクたちは双子の兄弟です。写真・向かって左、頭が緑色のが兄貴の「ポカングホヤ」、そして右の白い頭をしているのが弟であるボク「パロンガオホヤ」。だいぶ前、兄貴の仲間が単独で、このブログに登場したことがあるので、ご存じの方もいるかと思うのですが、ボクたちは、ホピの神話において地球を創った副創造神として知られる「クモ女」の息子たちです。それで、ざっくばらんに言うと、カチーナ(精霊)というよりは神様に近い存在。ボクたちの役目は地球に秩序を保たせることだと、母さんから言われて、小さいころから一生懸命に励んできました。そして最終的には、「ポカングホヤ」兄さんは北極へ、ボクは南極へ送られ、地球の軸を正しく回転させる仕事を担うことになったのです。これが実にハード!特に最近は、人間たちが地球をあまりにも痛めつけるので、軸がずれてきてしまっており、これを直すのが並大抵ではなく、ボクたち、過労死寸前です!それで、時折、ストレス解消のため、ボクたちは少年の姿に変身して、ホピの村へ遊びに行き、人々との交流をエンジョイします。でも、決して遊んでいるだけではありません。ホピの人々が困った時や、邪悪なものに攻撃された時など、母さんから教わった知恵を授けたり、敵を攻撃する方法を教えたり、又、実際、戦士として一緒に戦います。そんな訳で、ボクたちはホピの人々から「双子の戦いの神」なんて呼ばれることもあるのです。

  pookang 2

ボクたちの特徴は、黒い顔、両方のほっぺに戦士であることを示す白い2本の縦線が描かれ、頭には天へまっすぐ伸びた羽根飾りの付いた戦闘用のキャップを被っています。そして、目と口の周りも白く塗り、ボディも顔と同じく黒くし、胸と腕に模様を入れます。

            後ろ姿↓
    pookang 1


人形のボクたちを作ったのは、伝統的オールド・スタイルのカチーナ人形カーバーであるフィルバート・ホナニーさん。現在、実力ナンバーワンと言われる人気カーバーであり、自らコロラド川へ素材のコットンウッドの流木を探しに行ったり、彩色にはあくまでも自然顔料しか使わないといった、こだわり派です。そのホナニーさんの入魂の作品がボクたち。どうぞよろしく!

身長約23cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。羽根やワラ、スエードも使用しています。自然顔料による大変美しいカラーハーモニー、ワラによるねじり鉢巻も愛らしく、とても人懐っこい顔に安定感のあるボディスタイルなど、小さいながら魅力とパワー満載の名作です。
フィルバート・ホナニー作 2013年
SOLD


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2014. All rights reserved.
フィルバート・ホナニー・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 緑色の顔をした太陽のカチーナ「タワ・マナ」 TAWA MANA (Sun Girl) | home | 渋めの「シオ・ヘミス」 Sio Hemis (Zuni Hemis) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示