ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
トウモロコシの豊作を祈るカチーナ「クオ」 QUO (Corn Kachina)
QUO 6

日本列島は各地で梅雨が明けようとし、いよいよ夏本番です。
さて、ホピでは7月を「偉大な力の月」という意味を持つ「ナサン・ミュアオ」と呼んでおり、早生トウモロコシが収穫され、極めて重要なカチーナの儀式「ニーマン」が執り行われます。それは、2月に「ビーン・ダンス」と共に始まったカチーナの季節の締めくくりを表すもので、半年間、ホピの人々と共にいたカチーナたちが大地に恵みをもたらした後、故郷である聖なる山、サンフランシスコ・ピークスへ帰還する為のお祭りなのです。詳しくは、ここをクリックしてください。

さて、ご挨拶が遅れましたが、私の名は「クオ」。トウモロコシの豊作を祈るコーン・カチーナの仲間であり、歌とダンスが大得意です。ホピの人々の主食はトウモロコシ。その成長と豊作を担うのですから、大変重い役目であり、それだけに、とても人気のあるカチーナのひとつです。

   QUO 4 bis

私を作ったのは、伝統的オールド・スタイルのカチーナ人形カーバーの第一人者の一人であるマニュエル・シャヴァリアJr.さん。芸術的センス抜群の天才カーバーとして知られているお方です。アンティーク仕上げの白黒のトウモロコシを表したボディに、にっこり笑った蝶の顔(蝶族であるマニュエルさんのシンボル)が描かれたヘッド。そして後頭部には沢山の羽根を扇状に付けてもらい、申し分のないコーン・カチーナの姿に仕上げてくださいました。私の歌とダンスを日本の皆さんにも披露したいです。

身長は頭部の羽根飾りまで入れて約57cm。コットンウッドにミクストメディアにて彩色。更に、エイジング技法を駆使したアンティーク仕上げがなされ、独特の風格を備えています。壁面に飾り易く、インテリア効果に優れたコーン・カチーナに逸品。無条件に愛らしい蝶の顔も非常に魅力的です。

マニュエル・シャヴァリアJr.作 2007年

価格 お問い合わせください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2016. All rights reserved.
マニュエル・シャヴァリアJr. コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< HAPPY NEW YEAR 2017 謹賀新年 ニワトリのカチーナと共に | home | HAPPY NEW YEAR 2016 謹賀新年  夜明けの少女とともに >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。