ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
ムチ打ちカチーナ「フー」 HU, Whipper Kachina
hu kachina 1 bis

日本の皆さん、はじめまして。
私はムチ打ちカチーナです。ホピでは 「フー HU」 と呼ばれています。
私たちムチ打ちカチーナの重要な仕事は、子供たちの教育。私たちは、ホピの子供たちにカチーナの宗教儀式を教える為の「ビーン・ダンス」と呼ばれるダンスの前に、通常ペアで姿を現し、私たちが使うムチを持った「カラスのマザー」カチーナ(全てのカチーナの母)に付き従います。
実は、私たちばかりでなく、ムチを打つカチーナは多く存在し、例えば、ガードマンとか、或いはまた、リウマチをムチで叩くというカチーナもいますが、カチーナ宗教のイニシェーションの為にムチ打ちをするカチーナは、私たち「フー」 HU のほかにはいません。

さて、実際の儀式では、子供たちが一人一人、私たちの前に立たされ、ユッカの葉でできたムチで4回背中を打たれます。これは教育の為。私たちにとっても辛い仕事なのです。そして、子供たちへのムチ打ちが終わると、今度は、私たちムチ打ちのカチーナ「フー」が、お互いをムチで打ち合います。

hu kachina 2 bis

私の特徴は、飛び出た大きな目に、牛のような角が付いた黒い顔。額の真ん中には、七面鳥の足跡を意味する白いマーク、両方の頬に白い模様がついています。そして、長~いヒゲ。本来、手にはユッカの葉でできたムチとウチワサボテンを持っているものですが、私は大分昔に失くしてしまいました。というのも、カチーナ人形として私が作られたのは、1910年代~1930年代頃のこと。そう、私は大変貴重なアンティーク・カチーナなのです。しかも、いまだに元気、パワーは少しも衰えていません。私同様に、時代を乗り越え、生きながらえてきた仲間の多くは、現在、米国アリゾナ州のハード・ミュージアムや北アリゾナ・ミュージアムといったカチーナ人形コレクションで有名なミュージアムに入っています。一方、この私は不思議な縁により、この春、日本へ上陸。TOKYOのカチン・マナのところにやってきました。今は毎日、日本の大地や自然に宿る精霊たちと交流を深めています。
日本の皆さん、どうぞよろしくお願いします。

身長は約35cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。羽根、馬の毛など使用。経年による自然な褪色や擦れが、得も言われぬ味わいと風格を醸し出しています。飛び出た目の迫力はダイナマイト級。ミュージアム・アイテムと言っても差し支えないアンティーク・カチーナの至宝、超掘り出し物です。なお、人形として彫られるのも比較的珍しいカチーナ。
1910年代~1930年代頃 作者不明
価格: ご興味ある方はお問い合わせください。


Photo (C) Katisin' Manas TOKYO
Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2017. All rights reserved.
アンティーク・カチーナ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 雲のスピリットを象徴する「シオ・シャラコ」カチーナ SIO SHALAKO | home | カチーナ・ブックスのご紹介(2) Kachina Books >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示