ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
シオ・ヘミス Sio Hemis (Zuni Hemis)
              DSC_1239.jpg


私は「シオ・ヘミス」といいます。
私の前に登場したヘミス・カチーナと同様の役割を担っていますが、元々はズニ族のカチーナであり、19世紀にホピへやって来ました。

私は、ヘミス・カチーナと同じような高さのある大きなタブリータ(頭部につける平らな飾り板)をもち、そのてっぺんの縁の部分は3つの半円形になっていて、それらは雨雲を表します。また、タブリータの上の方の左右に描かれている白い図形は発芽しているスカッシュの種、その下の方の黄色い円盤状の図形は、ヒマワリを象徴しています。又、中央に描かれている鳥の周りのカーブは、虹のシンボルです。

             DSC_1237 small


私の顔の部分は、左右半分ずつ異なった色に塗られ、それぞれに目と発芽しているゴアード(ヒョウタンの一種)が表されています。
タブリータの図柄において、ヘミス・カチーナと私の大きな違いは、そこに「男根」の象徴が描かれていないことです。その理由は、私には分かりませんが、何はともあれ、この点に私の独自性があるといわれています。

                  sion hemis

イラストは、HOPI KATCHINAS by Jesse Walter Fewkes より

そして、ベイマツのひだ衿に、キルト、女もののサッシュベルト、キツネの皮をつけ、赤いモカシンを履いて、身支度は完了。ボディ・ペイントは、ヘミス・カチーナと同じく、ブラックです。
手には、ラットルとベイマツの枝を持ち、レギュラー・ダンスに登場します。

私を作ってくれたのは、クラーク・テナコングヴァさんです。

             DSC_1242.jpg


身長約50cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。シックな色合いに魅了されます。厳かでありながら、独特の可愛らしさがたまらない魅力。非常に芸術性の高いカチーナ人形の逸品です。

価格:虹 SOLD
詳細は、ご案内の「価格について」をご参照ください。


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008. All rights reserved.



クラーク・テナコングヴァ・コレクション | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< タサプ・カチーナ(ナバホ・カチーナ) Tasap Kachina (Navajo Kachina) | home | ヘミス・カチーナ Hemis Kachina (Jemez or Ripened Corn Kachina) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。