ホピ・カチーナ人形コレクション by Katsin' Manas Tokyo

アメリカ大陸最古の住人ホピ族が信仰する精霊を表したカチーナ人形。当サイトは、伝統的スタイルのカチーナ人形の魅力をホピの文化と共にご紹介するものです。ご希望の作品がございましたら、管理人までお問合せください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
タワ・マナ TAWA MANA (Sun Girl)
             ttawamana 1

日本の皆さん、はじめまして。
わたくしの名はホピ語で「タワ・マナ」。太陽の乙女です。
ホピの世界観において、太陽は男性神なのですが、カチーナ(精霊)には男性の「タワ」と未婚の女性の「タワ・マナ」という男女両方の神格が存在します。共に、優しく温かく、ホピの人々を助けるますが、神格なので人々と混じりません。
日本では、太陽の神は天照大神。女性の神様と聞いていますので、わたくし、とても親しみを感じます。

ところで、皆さん、太陽の本当の色は何色かご存知ですか?一見、赤やオレンジ色に見えますが、じぃーと見ていると緑色に見えてこないでしょうか?わたくしたちホピの太陽を表すカチーナの顔は古来より、「タワ」も「タワ・マナ」も、皆、淡い緑色をしていますが、その訳は、そういうところにあったのかも知れません。

              tawamana 2

私の特徴は、「タワ」と同様に丸い顔、額は赤と黄色に塗り分けられ、長方形の目と逆三角形の口が黒で描かれています。いでたちも「タワ」のものを殆ど一緒で、キルトにサッシュ、モカシンを履きますが、「マナ」であることを示す白地に模様が描かれた長いマントをはおります。わたくしのように「マナ」特有の髪型をしていないカチーナの場合、マントをはおっているかどうかが、男女を見分けるポイントなのです。皆さん、カチーナを見るときは、マントの有無に気をつけてくださいね。そして後ろ姿も。

              tawamana 3

さて、私を作ったのは、フィルバート・ホナニーさん。ご存知、伝統的スタイルのカチーナ・カーバーの大御所の一人です。TOKYOのカチン・マナの熱いリクエストによって作られました。日本に到着した私を、彼女、ゴッホの絵のヒマワリみたい!とか言って、写真を撮ってくれました。

              tawamana 4

身長は頭部の羽飾りを含めて約28cm。コットンウッドに自然顔料で彩色。ため息が出るほど美しい草木染のような色調と無条件に愛らしい顔が大きな魅力です。非常に穏やかで温かみあり、そしてパワフル。またどういうわけか、子ネコのようなムードも・・・・。一度手にしたら、片時も離したくなくなる恐るべきカチーナ人形です!

価格: SOLD

お知らせ
カチーナ好きのイラストレーター、アン・サクライさんの個展"Dream Lodge"展が、9月17日(水)~10月5日(日)まで南房総の和田浦で開かれます。ファンタスティックなカチーナの絵がとても魅力的です。詳細は、こちら


Copyright (C) Katsin' Manas TOKYO 2008. All rights reserved.
フィルバート・ホナニー・コレクション | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
<< コイヤムシのドラマー Koyemsi (Mud Head Kachina) | home | ヒリリ HILILI (Witch Kachina) >>
コメント
アン・サクライです(^^)

個展のご紹介ありがとうございます。

恥ずかしながら今まで作ったニュートラ
ディショナルのカチーナ6体もイラスト
と一緒に展示しております。

都心からは遠方ですが、来られそうな方
は自然豊かな南房総へ遊びに来てください・・・☆
2008/09/18 Thu| URL | an.s
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。